ひろげていこう 発達障害のWA!~「困ってる子」という視点からの支援~

アスペルガー症候群やADHD、学習障害、自閉症などの発達障害の子は、困らせる子じゃない「困ってる子」。その視点から困ってることを解決する支援のヒントや工夫を考え、もっと発達障害の子たちから見えてる世界によりそっていきましょう!

自閉症の人の感覚過敏による偏食とホムンクルス 自分を責めないで

自閉症の人の偏食は、好き嫌いというわがままなどの感情の次元ではなく、感覚過敏や同一性保持の特性からくる恐怖に対する防衛反応であり、安心を求めた行動なんですよね。 

感覚統合療法での改善は少しはみられるものの、残念ながら明確な解決方法は見つかっていませんが、「安心」を求めた行動という観点から「無理強い」は悪循環でしか無い事をまずは知って頂けたらなって思うんですよね。

f:id:chubby_haha:20170423154124j:plain

続きを読む

「自閉症だから」を前面にださなくていい社会を目指して~アスペルガーの息子の思い~

とある自閉症啓発グループのリーダーにリポーターがインタビューをしているニュースを見て息子がポツリと言いました。

 

「このリポーターはさっきから自閉症に打ち克つという表現ばかりを使っているけど、この考え方には違和感がある。失礼だよね。」と。

 

うんそうだね。ママもそう思う。どうして違和感があると思ったのかきかせてくれるかな、と言葉をかけると、息子は続けてくれました。

f:id:chubby_haha:20170402074328j:plain

続きを読む

自閉症の人のパニックの原因の一つ、刺激過多について。

初めての場所や、初めて何かをする時って、体が緊張状態になりますよね。

そういう時っていうのは、周囲のちょっとした感覚刺激にも過敏に反応しやすい状態に体がなっているんですよね。 

見通しを持つのが難しかったり、感覚情報の取捨選択が苦手な自閉症の人は、体がそういった過敏に反応しやすい状態にあることが多く、周りの人以上に刺激に対し反応してしまうことで刺激過多になり、パニックを起こす原因になることもあります。

f:id:chubby_haha:20170401092752j:plain

続きを読む

自閉症の人はとっても疲れやすいんですよ。さぼり・ズルなんかじゃないんです。

スマホを100%充電しても、充電の減り方は様々ですよね。

スマホ自体の使用頻度が高かったり、アプリを沢山入れていると充電の減りは早くなるように。

実は、自閉症の人の疲れやすさ・慢性疲労は、そんな感じなんです。

  • 偏食による栄養の偏りや睡眠障害による、そもそもの充電不足
  • コミュニケーションをとったり、姿勢を維持する事にリソース(それに必要なアプリ)を使いすぎる為に起こる消費量の過多

自閉症を含む発達障害の人は、一見障害のない人と同じように見えますが、「脳の機能障害」ゆえに体の中では障害のない人と違うシステムが作動しています。

今日は、なぜ自閉症の人は疲れやすいのか?対策はあるのか?についてちょっと書いてみたいと思います。

(このエントリでは、アスペルガーを含めた「自閉症」を主語に使っていますが、ADHDやLD等の発達障害の人にも当てはまるケースはあります。)

f:id:chubby_haha:20170103120911j:plain

続きを読む